ギャラ飲みで効率よくお小遣いを稼ぎましょう

ギャラ飲み.com

ギャラ飲みからパパ活へ

ギャラ飲みで特定の男性と親しくなり、そこからパパ活に移行する女子も多いようです。

そこで今回は「ギャラ飲み」と「パパ活」の違いをわかりやすくまとめてみました。

お手軽にはじめられるのはギャラ飲み

デートをしたり二人きりで食事をしたりというパパ活に比べ、飲み会に参加するだけのギャラ飲みはお手軽といえます。

また相手の男性の嫌なところが目に入ってしまっても、一回きりで済むので楽といえば楽です。

パパ活は本当に主旨を理解しているパパと出会えたならいいですが、報酬の金額や、セックスなしで関係を続けていくための交渉がやや難しくもあります。

得られる金額が高いのはパパ活

男性と過ごす時間が長く、密度も濃いパパ活の方が得られる報酬は高くなりやすいです。

ギャラ飲みでは2時間の飲み会で多くても2万円程度ですが、ギャラ飲みはリッチで気前のいいパパ(太パパ)と運よく出会えれば相場をいきなり越えた金額をもらえることもあります。

男性と過ごす時間の内容

ギャラ飲み

・飲み会に参加し、楽しい時間が過ごせるようにする
・場合によっては一対一で飲むこともある

パパ活

・デート(買い物やゴルフなど)
・ドライブ
・食事
・旅行

 

飲み会の時間だけを男性と共有するギャラ飲みに比べると、パパ活はプライベートの時間を大幅に割く必要が出てくるため、相場も高くなるのです。

彼氏がいても上記のことをパパと続けられるのかなど私生活にもリスクが発生しますし、何よりキッパリ断れる女の子ばかりではないので、「パパに旅行に連れていかれてそのまま一夜を共にしてしまった……」なんていうこともめずらしくありません。

本来のパパ活は食事やデートを共にする代わりに学費や生活費の援助を受けるなど、体の関係を持たないことが前提なのですが、そこは男女のこと。

パパが主旨を理解していなかったり、女の子がおされ気味だったりすると、女の子側が望まぬ肉体関係を持たされることもあります。

ですので相場が高いからといって割りに合っているとはいえないのが現状。

パパ活を始めるなら、ある程度のリスクを覚悟することが必要かもしれません。

ページの先頭へ戻る ▲